ページトップへ

印象を決めるのは外壁の色~グレー系~ | スタッフブログ | 知多半島 注文住宅 愛知県常滑市 堀本住宅 イシンホーム

スタッフブログ

外壁の色はあなたの住宅の印象を決めるために大きく影響します。
つまり、リフォームの際に外壁塗装を行う場合、センスがものをいうのがこの外壁塗装の色選びなのです。
そこでこの記事では、今注目されているグレー系の外壁についてご紹介します。

 
外壁塗装にグレー系の色を使い建物をモノトーンで統一することで、一気におしゃれな外観になります。
ただし、グレー系はグレー系でもたくさんのトーンが存在するため選ぶ時には注意が必要です。

大まかにでもいいので、明るめのグレーがいいのか濃めのグレーがいいのかを最初に決めておくことで、イメージからかけ離れてしまって失敗することを避けられます。
明るめのグレーならば近代的な印象に、濃めのグレーなら落ち着いた雰囲気になることでしょう。
 
おしゃれだという以外にも、グレー系の色が人気のカラーとなっている理由があります。
その理由とは、グレー系の外壁は、モダンな雰囲気をかもし出してくれるのみならず、ナチュラルなイメージにもぴったりだからです。

そのうえ、まわりの建物との兼ね合いもグレー系の色の外壁なら、一切心配する必要がないということも挙げられるでしょう。
 
しかし、もしも明度の高い薄いグレーを外壁に塗りたいと思って使用を検討しているのであれば、ひとつ注意しなければならない点があります。

それは薄いグレーというのは見え方よって、白い外壁が汚れてしまったように見える可能性があるという点なのです。
特にモルタル面を塗装する際に汚れのように見えやすいため気をつけていただきたいのですが、外壁の塗装作業を始めてしまう前に、必ず一度試し塗りをしてご自分の目で確かめてください。

同じグレー系の色でもサッシとの組み合わせや外壁の色選びによって、自分の個性を生かしておしゃれにコーディネートすることを楽しめます。

例えば、外壁のグレーとサッシの色のコントラストはっきり出すことを考慮すると、サッシに白や黒を取り入れるとメリハリを出すことができるのです。

ほかにも、濃めのグレーを塗装に利用することで外壁の色それ自体を主張させることもできたり、薄めのグレーと濃めのグレーを取り入れ1階と2階を塗り分けてツートンにしてみたりしてもよいでしょう。

以前にも紹介しましたが、ツートンカラーにする時には下の色を濃い色、暗い色にすると落ち着きやすいのでこのことも大いに活用してください。


無難に済ませることもできるグレー系の外壁塗装ですが、色の組み合わせ次第では全く違った表情を見せてくれます。
あなたの好みに合わせてグレー系の色を選んでみてはいかがでしょうか。

2017年07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー