スタッフブログ

自然素材を取り入れる家のメリットとは

2016/07/13(水) 住宅情報ブログ

家を建てる際、リフォームをする際に気にすることと言えば、
間取りや広さ、デザインなどが挙げられます。

それに加えてもう一つ気をつけたいのが、素材です。

家の素材なんて気にしたことがないというかたでも、一昔前に大きく話題になった「シックハウス症候群」などの新しい家で起こる病気を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

このような病気になってしまうと、せっかくの新居も台無しになってしまいますよね。

そこで最近注目されているのが、木などの自然素材を取り入れた住宅です。

人間が昔から使っていた自然の素材を使うことによって、シックハウス症候群のような、化学物質が原因の病気の対策をすることが注目されています。


今回は、自然素材を取り入れる家のメリットについてご紹介します。


まず、自然素材であるかどうかというのは、暮らしていく上で実は大きな違いを生みます。

自然素材であれば化学物質を使っていないので、小さいお子さんやお年寄りまで健康面で安心できるというのが大きなメリットとなります。

シックハウス症候群などの住環境に関する問題が注目を集めて久しい昨今、特に赤ちゃんがいる家庭では大きな意味を持ちます。


また、環境にも良いというのが嬉しいです。

家族が暮らす家が環境に配慮できているというのは暮らしていて気持ちが良いものです。

次の世代への責任として、自然に優しくありたいと思う人にはうってつけです。


自然素材を取り入れることは、経年劣化などに対して、弱いイメージを持つ人もいますが、正しくメンテナンスさえしていれば、耐久性もかなり高いという事実を知っておくべきです。

家は建てて終わりではありません。

自然素材の住宅であってもなくても、長く住むために定期的なメンテナンスは必要です。

しっかりとメンテナンスをして、耐久性を上げることが重要です。


さらに、自然素材には、一般的に、湿度を調節するという調節機能がある場合が多いです。

木というものはもともと呼吸しているもので、住宅に使われる中でも、しっかりと呼吸しているのです。

湿気が多い日には、湿気を吸ってくれ、逆に湿気が少ない日には、湿気を放出するといった調質機能は自然素材ならではといえるでしょう。

この機能のおかげで、ジメジメした夏場なども快適に過ごすことができます。



自然素材を取り入れる家のメリット、お分かりいただけたでしょうか。

このように、健康面や環境面に優しい素材を取り入れたい方は是非一度検討してみてください。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ