スタッフブログ

漆喰で家を建てる時のメリット

2016/10/05(水) 住宅情報ブログ

家を建てるときに悩むのが建築資材です。
建築資材には様々な種類があり、理想の家に近づけるために選択することができます。
素材の異なるものから、費用が異なるものまで、沢山の種類の建築資材があるので予算に応じて最適なものを選びます。

最近人気が高くなっているのは、漆喰を使った自然素材の家です。
昔から使われていた自然素材を使って安心して住むことができる住宅が欲しいと望む人が増えています。

外国から輸入された建材や化学製品を使った建材は、自然素材のものより費用が安く済むというメリットはあるものの、アレルギーを誘発してシックハウス症候群を引き起こす恐れがあります。

しかし漆喰といった自然界の元からある素材を使って壁を作れば、有害な成分がないので、小さなお子様も安心して室内で過ごすことができます。

特に漆喰は神話の時代から建築材料の接着剤として使われていたほど身近にあるもので、化学物質を含まないという特徴を持っています。
現在は漆喰は接着剤としてだけでなく、外壁や内装材としても使われています。

消石灰を主材として、現在は壁材として使われることが多くなっています。
漆喰の塗り壁は、天然由来の着色料になるので乳白色のような穏やかな色の壁にすることができます。

最近では商品開発が進み、乳白色以外の鮮やかな色の漆喰もあるので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができるようになっています。

どちらかというと落ち着いたトーンの色が多いので、部屋をシックな雰囲気にすることができます。

漆喰は施工をした後は、表面が硬いので傷がつきにくいというメリットがありますし、強いアルカリ成分を持っているので、防カビ効果もあるのが魅力です。

防カビ効果だけでなく防菌効果もあり、漆喰に含まれている消石灰が二酸化炭素を吸収してくれるので、消臭効果を期待することができます。

土壁よりも漆喰で作られた塗り壁は緻密なので、時がたつほどに硬くなり密封性が高くなるというメリットがあります。
傷がつきにくいので、小さな子供がいる家庭でも安心して子供を遊ばせることができます。

また、漆喰は耐久性や耐火性にも優れているので、万が一、火事が起こったときにも燃え広がらないようにすることができます。
漆喰の塗り壁にする時、職人さんのスキルが高ければ高いほど、見た目の美しさに期待することができます。
また、漆喰の塗り壁は硬く仕上がるのでボロボロ崩れることもなく、長期的にきれいな状態を維持できます。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ