スタッフブログ

ペットも過ごしやすい住宅とは

2016/12/05(月) 住宅情報ブログ

最近猫カフェやふくろうカフェなど動物ブームが来ていますよね。
それに合わせてペットを飼っている方も増えています。
ある調査では、約三世帯に一世帯がペットを飼っているという結果も出ています。

ペットはすごく癒してくれますし、いるだけで幸せな気分になりますよね。
そんな家族の一員であるペットにも、快適に過ごしてほしいですよね。

そこで今回は、ペットも過ごしやすい住宅についてご紹介いたします。

・床素材
ペットを飼う際に、一番気を付けてほしいのが床素材です。
一般的なフローリングだと、爪の長いペットにとってとても滑りやすくなってしまいます。
その滑る床で一日過ごしていると、気づかぬうちに脱臼している可能性もあります。
何度も脱臼していると、骨格に悪影響を与えたり、将来正常に歩けなくなる事も考えられます。
ペットの健康のためにも、床素材は自然素材にしたり、絨毯やタイルマットと敷くと良いでしょう。
また、フローリングだと床も傷つくので、床を傷つけないためにも対策をしましょう。

・ペット専用のスペース
ペットは広いスペースがあると嬉しそうに走り回ったりしますよね。
ついついペットのために開放的な空間を作ったり、バルコニーに出してあげたりしますよね。
しかしペットと言っても動物です。
動物は常に自分の縄張りのようなものがあって、それ以外の場所や、知らない人がいると常に警戒することになります。
それが毎日続くと、ストレスがたまっていってしまいます。
そのため、むやみに広く開放的にするのではなく、ペット専用の安心できるスペースを作ってあげましょう。

・ペットの行動範囲を決める
家の中には、ペットにとって危険な場所がたくさんあります。
特にキッチンは危険だらけです。
もし包丁が落ちてしまったら、ジャンプした先に火があったら、命にもかかわります。
他にも、仕事をする部屋だったり、細かいものがたくさん置いてある趣味の部屋だったり、入ってほしくない場所がありますよね。

ペットの命を守るためにも、ペットの行動範囲を決めてあげましょう。

例えば簡単にできるもので、行ってほしくない場所との境目に柵を設置する方法があります。
時間をかければ、行ってほしくないところに行かないようにしつけすることも可能でしょう。


いかがでしたか?
人間もペットも、快適に過ごせる住宅作りができると良いですよね。
工夫することで、安全に楽しい住まいを作りましょう。
ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしてくださいね。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ