スタッフブログ

防犯性から見た戸建てのポイント

2016/10/21(金) 住宅情報ブログ

一戸建てを見る時に、どのぐらい優れている物件なのかを判断するポイントというのは、数多くありますが、やはり防犯性というのは気にしておきたいポイントだと言えます。

マンションと違って、何重ものオートロックや何台ものオートロックはありませんし、人目につくということに関しても集合住宅と一戸建てとでは大違いです。

また、管理人や警備員による有人管理にも差がありますし、構造的な部分においても侵入のしやすさというのはかなり違いますから、一戸建てに住むことを選択する場合には、防犯性をかなり真剣に考えておくことが重要と言えます。

なお、防犯性から見た一戸建ての具体的な重要ポイントですが、まずは窓がたくさんあるということです。

マンションに比べて、構造的な部分において侵入のしやすさに差があるという話をしましたが、一戸建てというのはマンションに比べてとにかく窓の数が多いですから、窓の部分の防犯性というのを真剣に考えておく必要があります。

侵入されやすい1階部分はシャッターを取り付けておいたり、面格子を取り付けておくなど、色々な防犯対策があるものですが、2階だからといって安心はできません。

実際、2階から侵入するという手口も起きていますから、侵入の際の足場になるような物置をすぐ近くに設けないようにするなど、2階部分の窓の防犯性もきちんと意識しておくことが大切だと言えます。

また、防犯性というのは建物以外の部分についても重要で、足音が大きく響くような砂利が敷き詰めてあったり、人感センサーライトを設置することで、侵入者にプレッシャーを与えることができるものです。

1階部分だけでなく、2階部分への侵入の対策もするように、防犯対策というのは、隙がないように幅広く行うことが大切だと言えます。

ちなみに、建物以外の部分ということで言えば、家の周りを見渡した時に、一目につかない所がないかを確認しておくことも大切です。
人目につかない隠れられるような所があると、空き巣に狙われやすくなってしまい、その結果侵入されやすくなってしまうものです。

便利な世の中ですから、防犯グッズや防犯設備というのは色々とありますが、人の目というものも大事なポイントであり、近所の目が重要になってくるものです。

人の目がある所では悪事は働きにくいものですから、色々な人の目が届きやすい立地であれば、防犯面の安心感につながると言えるでしょう。

こういったことを踏まえた上で住まい選びや防犯対策をしていくと良いでしょう。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ