スタッフブログ

二階リビングのメリット・デメリット

2017/02/03(金) 住宅情報ブログ

みなさんは「二階リビング」をご存知でしょうか?
その名の通り、一階ではなく二階に設置するリビングのことです。
こうお話しすると「一体階が違うだけで何が違うのか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は「二階リビングのメリット・デメリット」についてご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

ではまずメリットから見ていきましょう。

・明るい空間になる
基本的に二階というのは光がたっぷりと入ります。
一階にリビングを設置する場合より、明るい空間になるというのは大きなメリットでしょう。

・眺めを楽しめる
環境によって違いはありますが、二階ですから一階に比べて眺めがよくなることもあります。
遠くの景色をみながらゆっくりできるとなると、リビングにいるのが楽しくなりそうですよね。

・プライバシーの確保にもなる
一階のリビングだと、なんとなく人の目が気になるということも多いでしょう。
カーテンをなかなか開けられないという方もいらっしゃることかと思います。
しかし、二階リビングでしたら、道行く人や近隣などからのプライバシーの確保もしやすくなります。
くつろぎたいリビングですから、人の目を気にしなくていいというのは大きな魅力ではないでしょうか。


では一方でデメリットについてはどうでしょうか。

・一階の対応が大変に
来客対応など、一階での対応が億劫になるという方もいらっしゃるようです。
不安な場合は、テレビドアホンなどの設備機器を取り入れてみるのがおすすめです。

・高齢になった時に負担が大きくなるケースもある
二階にリビングがあるわけですから、当然階段の上り下りをしなけらばなりません。
買い物の荷物をもって、ゴミ出しの際にごみをもってとなるとどうしても高齢者には負担になってしまうでしょう。
なるべく上りやすく下りやすい勾配。形状にするよう心がけることをおすすめします。

・防犯面での心配
もし不審者が家に侵入しても、二階にいれば一階より気付きにくくなってしまうでしょう。
もちろんそう考えることもできますが、そのような防犯面の不安については
玄関ドア・窓のシステム、シャッターや照明などである程度は解消できることかと思います。

いかがでしたでしょうか。
以上が二階リビングにおけるメリット・デメリットだといえるでしょう。
しっかりとどちらも理解した上で、設置について検討してみてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。




記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ