スタッフブログ

太陽光発電で大損しないために

2016/10/09(日) 住宅情報ブログ

太陽光発電は自宅に設置した太陽光発電パネルで発電を行い、この発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことでトータルの電気代を下げるという仕組みです。

現在は国策により太陽光発電など自然エネルギーによる発電電力は電力会社が全て買い取ってくれるようになっているため、非常に効率が良く利益が上がるので、多くの家庭で実施されています。

しかし、実はこの太陽光発電は誰しもが儲かるといったものではありません。
太陽光という非常に気象に左右されるエネルギーを用いて発電することで収入が不安定になる可能性が高いほか、その利用方法が理に適ったものであるかどうか、また設備にかかる費用がしっかりと回収できるものであるかどうかについて慎重に検討しないと、結果的に大損してしまう可能性もあるので注意が必要です。

太陽光発電を検討する際にまず考慮しなければいけないのが、設置する家が太陽光発電に向いているかどうかということです。

太陽光発電は太陽の光を効率よく受けることができるかどうかによってその発電量が大きく変わります。
したがって、太陽光パネルを設置する家が南に向いていなかったり、南側に障害物があり、太陽光が効率よく当たらない場所の場合には発電量が少なくなってしまうため、必要な量の電気を発電する事が出来なくなってしまいます。

さらに、安い金額で導入できるかどうかということも大きなポイントになります。
これは実際の導入金額ももちろんですが、発電量と比較して導入金額が安いということも併せて検討する必要があります。

太陽光パネルの導入費用はパネルと変換装置の合計金額になりますが、この変換装置は一定の枚数までは同じ変換装置が使えるため、発電量と合計の費用を比較してその割合が大きい方が効率よく発電が出来ることになるため、その金額をしっかりと比較して効率の良い発電を行う必要があります。

最後に、ライフスタイルが太陽光発電に向いているかという点も見逃せないものです。
電気は基本的に蓄積できないため、太陽光発電を行う場合には発電した電気をすぐに使用するようなライフスタイルでないとなかなか効果は上がらないものです。
したがって、日中に電気を使用しないようなライフスタイルではあまり効果を発揮しないという結果になってしまいます。

このように太陽光発電を導入する際には、発電した電気を効果的に利用して実質的な出費を減らすことと、導入費用を極力少なくして早期に回収できるようにすることが大損しないために必要なことです。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ