スタッフブログ

アイランドキッチンのメリット・デメリット

2016/11/06(日) 住宅情報ブログ

最近の新築住宅で多く取り入れられているのがアイランドキッチンです。

なんといってもおしゃれな見た目やこれまでの住宅にないスタイリッシュさが人気の理由ですが、実際に取り入れた方にとってはメリットばかりではなく、デメリットもあるようです。


新築やリノベーションなどでアイランドキッチンをお考えの方はメリットとデメリットについて詳しく知っておきたいものです。


最新のキッチン設備の中でも群を抜いておしゃれな姿が目を引くアイランドキッチンですが、見た目の良さだけでなく使い勝手の良さも選ばれる理由のひとつになっています。


親子や夫婦でお料理を趣味にしている方やホームパーティーなど大人数が集まって食事をとる機会が多い方にとってはアイランドキッチン一択という場合もあります。


アイランドキッチンはその名の通り、壁面に接することなく室内の中で島のように配置するため、四方からキッチンの作業を見渡すことができます。


大人数で作業する状況にはぴったりのスタイルですよ。


見た目が良くリビングのアクセントになるため、インテリアの一部や主役として配置される場合もあります。


その一方、調理中の臭いがリビングの方にまで広がってしまうというデメリットは大きなもので、ファンを設置していてもやはりすべてを防いだり取り除くことは難しいようです。


リビングのほうまで広がってしまうのは臭いだけでなく、油汚れも同様です。

調理中の油がまざった空気がリビングまで流れてしまうため、炒め物や揚げ物などをした際は床掃除やカーテンを洗濯しなくてはならない場合や、その手間を省くために油を使った料理はひかえるようになるといったケースもあるようです。


家具の配置によってはソファーやクッション、カーテンなどの布製品には臭いが付きやすいため注意してください。


またアイランドキッチンでは調理中の姿やキッチンを隠せないため、急な来客の際に対応できない場合もあります。


もちろん、常に人目につく環境だからこそスッキリと片付いた清潔感のあるキッチンを維持できるようになったという方もいるため、一概にデメリットとは決めつけるとはできませんが、毎日手を抜けない環境で窮屈さを感じてしまうこともあるでしょう。


このようにおしゃれなアイランドキッチンにはメリットだけでなくデメリットも存在することがわかりました。

住む人の生活スタイルに合わせて最適な住宅環境にはキッチン選びも重要です。

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ